人間豹にんげんひょう
神谷芳雄はまだ大学を出たばかりの会社員であった。しかも父親が重役を勤めている商事会社の調査課員で、これというきまった仕事もない暢気な身の上であったから、飲み覚えた酒の味、その酒を運んでくれる美しい人の魅力が忘れがたくて、つい足しげくその家へ …
作品に特徴的な語句
じば ばち とう いず しゃ いち いか しん じょう ぎら がたき ざる 白々しらしら 一寸いっすん 一箇いっこ なま いそ もぐ 漆喰しっく 手拭てぬぐ がえん おお 細々ほそぼそ やっこ きょう かご はた めん のど めしい 陰火いんか こわ 蒼白そうはく 徳利とっくり 臭気しゅうき くさ かお 藁葺わらぶ 後手ごて めぐ ゆか とびら おび 扮装ふんそう うなず 拳銃けんじゅう ろう たま 振舞ふるま 捕縄ほじょう 誘拐ゆうかい きら すい 支度じたく 赤錆あかさ かな おど 敵討かたきう かたま べい 退 から 嘲笑ちょうしょう あざ 稀代きだい たが 遠吠とおぼ 着更きが 銃口じゅうこう しら ひら 沙汰ざた うさぎ ひそ あるじ たく 牝豹めすひょう つと つら ごろ 獲得かくとく 凝視ぎょうし