“狭”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
せま47.9%
せば34.0%
10.1%
せも2.7%
1.6%
せめ1.6%
せせ0.5%
せばま0.5%
はさま0.5%
セ(サ)0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「しかし、こんなに、くては、よくべないだろう。それに、いかごのに、はいっていたので、羽先がすれているから。」
自由 (新字新仮名) / 小川未明(著)
わしはあの吉助が心からきらいなのだ。腹の悪いくせにお追従を使って。この春だってそ知らぬ顔での田地の境界をめていたのだ。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
その一等端は桑畑になつて、そこいらまではどこか町中の通りらしく平坦な道路は、急に幅もばまり、石ころが路面にはれてゐた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
只今、電燈をけますからどうかそこからおはいり下さい。入口は少しうございますが、中は大へん楽でございます。」
さるのこしかけ (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「風り雨降る夜の、……如何にしつつか、が世は渡る」といえば、一人が、「天地は広しといへど、あがくやなりぬる、……斯くばかり無きものか、世間の道」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
たわいもねえ事をいえば合点しねえぞと云えば、売言葉に買言葉、んなえらい事になるかも知れねえとまア、女のえ心で誠に案じることでござります
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
すべてがびてっこましいのにもれ返らずにいられなかったのです。
棚田裁判長の怪死 (新字新仮名) / 橘外男(著)
葦も池の輪郭って池の水が小さな流れになる、上に井の頭線の鉄橋がかっている辺に、わずかに見られるばかりである。
犬の生活 (新字新仮名) / 小山清(著)
勢込む、つき反らしたが、ストンと蟹の穴へったので、厭な顔をした訓導は、抜きざまに一足飛ぶ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
尊かる天日嗣の広き道 踏まで き道ゆくな。物部
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)