“せ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
27.6%
10.1%
7.9%
6.9%
6.6%
6.3%
5.0%
2.9%
2.9%
2.6%
2.3%
2.2%
1.9%
1.5%
1.4%
1.3%
1.2%
1.2%
1.1%
0.9%
0.7%
0.7%
0.6%
0.6%
0.5%
0.4%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
身長0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
三世0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
咳嗽0.1%
0.1%
0.1%
攻撃0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
漸く驛遞の家に着いたので、あすの馬をあつらへ、そこから四五町さきの宿屋へ案内されるまでがまた一里も歩く樣に氣がかれた。
泡鳴五部作:04 断橋 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
にはぶさうである。く。花屋敷をのがれたきた。寶塔にしてい。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
確に会員に相違ない十人近くの男達は、まるで初めて逢った人のように、恰好から、歩き振りから、少しも見覚えがないのです。
覆面の舞踏者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
列に立つ女たちは、自分たちの列のどの場所でも、そのようにして素ばしこく姿をくらます野菜をきとめる可能はもっていない。
列のこころ (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
年間小言はず、みもはず、御返事つてります』でめられたのだかららない。はとう/\落城した。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
しいてて、のやうなをおもしに、されたのがしてある山川沿うてくと、にまたがあつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
一時は腰が抜けて起つことも出来ない。寝ていても時をってき上げて来て気息くことも出来ない。実に恐ろしく苦しみました。
虹汀聞き果てゝ打ち案ずる事稍久、やがて乙女をけ起して云ひけるやう。よし/\吾にあり。今はさばかり歎かせ給ふな。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
かなり遠方からやつて来たといふ栗毛の馬とり合つたあげく、相沢の馬は優勝をち得て、賞品のと米俵とを悠々と持つて行つた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
これは(一)の明瞭性とも関係の深いことがらだが、また黒白二色のり合ひをして、快適な緊張感をかもしださせる根源をなしてゐる。
秋艸道人の書について (新字旧仮名) / 吉野秀雄(著)
男で居ながら、こんなにも上手な方があるものを、めてその指一本でも、私の身体についたらばと、つい、おろおろと泣いたのです。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私の兄の兄宇迦斯は、あなたさまをぼそうとたくらみまして、兵を集めにかかりましたが、思うように集まらないものですから
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
だんだんこの店も師走いっぱいわしい由なり。煮方の料理番が、私がヨシツネさんにみかんを貰っているのを見て冷かしている。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
……だが日当不足となら、清水の舞台から飛んだつもりで、一日十両までり上げましょう。これでは御不満ありますまいな。
前記天満焼 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
生れて四十年、一の土と十五坪の草葺のあばらになり得た彼は、正に帝王の気もちで、楽々と足踏み伸ばして寝たのであった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
のまあたらしい飯台をとりまいて徳利をはや三十本。小鉢やら丼やら、ところもにおきならべ、無闇に景気をつけている。
しさはつて、二十有餘年奈何して自分らざりしか、らんとはざりしか。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
召使たちは、何分にもお館の心配を一刻もはやく安んぜねばと急ぐように、車の返却や礼のことばは明日改めてとばかり先をいて曳いて行った。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
またその天の尾羽張の神は、天の安の河の水をきあげて、道を塞き居れば、し神はえ行かじ。かれに天の迦久の神を遣はして問ふべし
「それについてお前に頼みがあるのだが——」病人は破けた風琴のやうに悲しさうにまたき入つた。「その千円は世界中でお前が一番しいと思ふ人間に呉れてやつて欲しいのだ。」
「いい得べくんば一の山師! それにさ風采がまことによろしい。だまって坐っておられると、十万石のお大名でござんす」
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
道代 (驚いて眼を見張るが、だんだん引寄せられるやうにのびをし、呼吸をはずませて、つひに相手の腕の中にからだを投げかける)
ママ先生とその夫 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「は、は、は、は、そは皆物好きなるわがの君のわれをめす戯れぞ」と笑ひき。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
「そんな方がゐられるのに、一體、何んだつてあなたはかうやつて、土耳古のやつらをめに、鞍に跨つて、こんなひどい土地を進んでゆかれるんです?」
放しませぬ! 聞かしてくだされサアすぐに! 妹にまられ逃げ歩くとはあんまり卑怯な兄様じゃ! 兄様! あなたには、聞くも恐ろしい
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
余が胸臆を開いて物語りし不幸なる閲歴を聞きて、かれは屡〻驚きしが、なか/\に余をめんとはせず、却りて他の凡庸なる諸生輩を罵りき。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
車夫に鶴子をつてもらひ、余等は滑る足元に氣をつけ/\鐵道線路を踏切つて、山田のを關跡の方へと上る。道もに散るの歌にむで、芳野櫻を澤山植ゑてある。若木ばかりだ。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
それは、し、をつけ、ぶ。は、さをふせぎ、え、をかくす。人にものをする人は、人のをまし、をそへ、ぐなり。
馬は心に陶が金を貪るのをうて絶交しようと思ったが、しかしまたひそかに佳い木をかくしているのが恨めしくもあって、とうとう逢ってめてやろうと思って扉を叩いた。
黄英 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
乗鞍と誤認したるほどなりき、乗鞍に至りては、久しく離別の後に、会合したる山なり、今日大野川に見て、今ここに仰ぐ、帽を振りて久闊を叫びしが、峰飛びて谿まる今も
関雪氏は名残を惜むで、寝台でもぞもぞしてゐる麦僊氏をき立てて食堂へ入つて往つた。そして麦酒の大洋盃を言ひつけた。酒に弱い麦僊氏は、酒飲みの関雪氏の前には一もなかつた。
子游曰く、君にえて(責)むれば(則)ちめられ、朋友に(交わりて)むればんぜらる。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
と玄蕃は、木の根にいた間に、七、八間も離れた二人の影を怒気凄じく追いかけた……たたたたたと闇の底を打って行く跫音の先に、——と岩にく水音が聞こえた。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
清国敗北の風評りに聞えければ、ハリスはこれを奇貨とし、歩々まり、遂に安政四年二月に至っては、当時の閣老堀田備中守をして、外国人接待応接の式方を改めこれを優遇せしめ
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
そこを目掛けて小一郎は取り直した大刀、柄を廻わし、一歩踏み出すと身長め、相手の左胴を上斜めに、五枚目の六枚目へかけ、鐘巻流での荒陣払い、ザックリのぶかく掬い切った。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「そんぢや、今度澤山えびやな、んもしねえで、られちやつまんねえな」土瓶にしたさんはひながらいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「まだ其處つくるけえしちや大變だぞ、戸棚へでもえてけ」勘次注意した。卯平藥罐いで三した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
、先生、姉さんは、何にも御存じじゃございません、それは、お目違いでございまして、」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
、先生が逢っても可いって、嬉しいねえ!」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
寺わきを雨間せはしみ刈る麦は根にげりひとにぎりづつ
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
寺わきの乏し穂麦を刈るひとは日暮き来る雨間うれしみ
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
馬車をりると折好く蒸汽が来た。初夏のセエヌ河の明るい水の上を青嵐に吹かれて巴里つた。アレキサンダア三世の側から陸につて橋詰で自動車に乗つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
窺ひ今井樋口と心を合せ高倉宮の令旨を得るより雲の如く起り波の如く湧き越後に出で越前に𢌞り忽ち京都へり時めく平家を追下し朝日將軍の武名を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
……ウーイプー……お勢がたいというもんだから仕様事なしのお交際て見たがネ、思ッたよりはサ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「爺つぁん、耄碌しっこなしにしようぜ。木槌山の柳の下に、五万何ぼもえてたじゃねえか。嫌だぜ、おい。」
「いいだ! 小栓——お前、そんなに咳嗽いてはいかんぞ、いいだ!」
(新字新仮名) / 魯迅(著)
加代姫は急にきあげ、その涙のひまひまに
いまでも雀ののあたりの黒いのはこのとき墨の容物を投げた、墨が垂れてついたもので、羽にぽつ/\と、黒い斑点のあるのは、墨の散つてついたのだといふことです。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
「ほんとにつまらないお父様だ」などと……これでは死んだ自分の父を、攻撃めているようなものである。しかも民弥の云い方には、楽天的の所がある。また快活な所がある。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
我が暮らす日の長く又重きことは、ダンテが地獄にて負心の人のるといふ鍍金したる鉛の上衣の如くなりき。夜に入れば、又我禁斷の果にひ寄りて、その惡鬼に我妄想の罪をめらる。
かれその國より上り幸でます時に、龜のに乘りて、釣しつつ打ち羽振り來る人速吸に遇ひき。
それで、今夜も、出席しなさるように、自分から申し出て居られたんじゃが、夕方ごろから、持病の胃がくので、失礼する、玉井によろしゅう、と、お言付があったんじゃ。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
父はくな/\と膝を折り、幾年の監禁にめつけられた痛々しい頬に、ニヤリと佗しげな微笑をのせて、しよんぼりとみよ子の前に坐つた。
父の帰宅 (新字旧仮名) / 小寺菊子(著)
れも縁切りとしやつてからう五旦那樣ばかりいのではうて、暑寒のおいものなど、くらしい處置をしてせるに、おがつひかれて、づとをも
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
宰予昼寝ぬ。子曰く、朽木るべからざるなり。糞土のるべからざるなり。予に於て何ぞめんやと。子曰く、始め吾の人に於けるや、其の言を聴きて其の行を信ぜり。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
憎き女の文なんど見るもしと、には皆焚棄てたりし貫一の、如何にしてこたびばかりは打拆きけん、彼はその手にせし始に、又は読去りし後に、自らそのめて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ただ森々たる山気を通してどうどうと流れる木曽川の水が岩にかれてぶばかり。他には何んの物音もない。その陰々たる山懐中で追いつ追われつ男女の者が、懸命に争っているのであった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)