風隠集ふういんしゅう
目にたちて黄なる蕋までいくつ明る白菊の乱れ今朝まだ冷たき 黄の蕋のいとど目にたつ白菊は花みな小さし咲き乱れつつ さえざえと今朝咲き盛る白菊の葉かげの土は紫に見ゆ 独遊ぶ今朝のこころのつくづくと目を留めてゐる白菊の花に 菊の香よ故しわかねどう …
作品に特徴的な語句
おのれ あざ もの 黄色わうじき あひ たなひら 湿じめ あが もと をぢ はだ さや ひえ たなぞこ 目下まなした 上面うはづら いて すが しはぶ やは さや はふ 出入ではひ うつ 後世のちよ あけ おと わらはべ また さや おの した 霖雨つゆ 木片こば 把手とりて とほ 銃弾つつだま かそ 角力すま こほ しゆ 水車すゐしや かな とも 落花おちばな さを 木菟づく 草鞋わらんぢ 大根おほね さは こや くれ 蹄鉄あしがね 垂髪たりがみ 真向まつかう 頭毛つむりげ 昨夜よべ いひ とと かけ わらは みづか 独居ひとりゐ 螇蚸はたはた まど 蟾蜍ひき 下凍したし こと きぞ ませ