“後世”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごせ59.4%
こうせい34.4%
のちのよ3.1%
ごしょう1.6%
のちよ1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後世こそ大事なれと、上総から六部に出た老人が、善光寺へ参詣の途中、浅間山の麓に……といえば、まずその硫黄黒煙が想われる。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
したふか板倉のひえ炬燵とは少しもがないといふ事なりと火と同音なればなり夫より後世奉行いつれも堅理なりといへども日を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ちもせず面白きこと面白げなる男心淡泊なるにさしむかひては何事のいはるべき後世つれなく我身うらめしくはいづこぞともはで垣根若草おもひにもえぬ
闇桜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「なに! 女房が殺されたってのに、冗談口を利く亭主が何処にある。てめえの為を思うから言ってやるんだ。後世の事を思ったら、今の内に——」
白蛇の死 (新字新仮名) / 海野十三(著)
大正十二年九月ついたち国ことごと震亨れりと後世警め
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)