雪柳ゆきやなぎ
小石川白山のあたりに家がある。小山弥作氏、直槙は、筆者と同郷の出で、知人は渠を獅子屋さんと渾名した。誉過ぎたのでもありません、軽く扱ったのでもありません。 氏神の祭礼に、東京で各町内、侠勇の御神輿を担 …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 棕櫚しゅろ 離室はなれ 盂蘭盆うらぼん 螺鈿らでん 夜鷹よたか 芍薬しゃくやく 閻魔えんま あん 人足ひとあし 櫛巻くしまき きぬた 胡麻塩ごましお 逐電ちくでん かも 樹蔭こかげ 藁葺わらぶき 蚊遣かやり 香港ホンコン 掻巻かいまき ざか 紺絣こんがすり なだ 先途さき 緋縮緬ひぢりめん 腹癒はらいせ 手柄てがら 四谷よつや 本意ほい 仄白ほのじろ すし 大胡坐おおあぐら 瑪瑙めのう 蹴出けだ 弥生やよい 逼迫ひっぱく 可懐なつか 五位鷺ごいさぎ 牛蒡ごぼう みどり 白山はくさん 衣桁いこう 三和土たたき 茅葺かやぶき 蹉跌さてつ 行火あんか 足掻あが 夥間なかま 荒唐無稽こうとうむけい ぐすり 磨硝子すりがらす 円髷まるまげ 歪曲ゆが 独活うど 幾重いくえ 屈竟くっきょう 杜若かきつばた むぐら 初夏はつなつ 払子ほっす 肱枕ひじまくら 花活はないけ 赤蜻蛉あかとんぼ 串戯じょうだん 可哀相かわいそう 天蓋てんがい 遥々はるばる 怨霊おんりょう 渋団扇しぶうちわ 莞爾々々にこにこ 唐天竺からてんじく 狒々ひひ 知辺しるべ 豌豆えんどう 阿漕あこぎ 上框あがりがまち 屑屋くずや 海豚いるか 風説うわさ 有明ありあけ 楽書らくがき 等閑なおざり 真先まっさき 落魄おちぶ まかない 真昼間まっぴるま 緋鹿子ひがのこ 暗夜やみ 風丰ようす まぐろ 鳩尾きゅうび 功力くりき ぼう かぶ 水上みなかみ 洋杖ステッキ 刀自とじ 衣兜かくし