雪柳ゆきやなぎ
小石川白山のあたりに家がある。小山弥作氏、直槙は、筆者と同郷の出で、知人は渠を獅子屋さんと渾名した。誉過ぎたのでもありません、軽く扱ったのでもありません。 氏神の祭礼に、東京で各町内、侠勇の御神輿を担ぐとおなじように、金沢は、廂を越すほどの …
作品に特徴的な語句
わび でっか いか ちじみ こご 真実しんそこ さき 老婆ばばあ たち 彼女きゃつ 幇間ぼうさん 引被ひっかず しほ ばけ しえた つやや さば ともし おつ 鮮明くっきり 切端きれっぱし ばか いで ゆき 空腹すきっぱら あい ずみ 先頭まえがわ おなじく かが 当世とうせ わらい たすか 祖母としより つづり ばか テン 地方いなか あやぶ おごそか まつわ 饒舌おしゃべり かたち おもんぱかり しな なり のみ 修理すじ とぼ くぎ 前方さき 此家こちら ことば 端折はしょり 引剥ひきはが おぼえ っか よそおい 貫木ぬき しとね にぎやか いみ ぬか 素裸すはだ ほっそ はた 女房にょうぼ あざ あかる 一艘いっぱい おおき にが 蹌踉よろよろ 鳩尾きゅうび えい はらい 羽織ばおり 薄明うすあかる またたき つづき 前刻さき とお やっこ しゅうと ばばあ なまめ 綴込つづりこ あね わか たぬ 小留こや 洒落しゃ くれない