“幇間”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほうかん52.7%
たいこもち22.8%
たいこ20.1%
だいこ1.1%
タイコモチ1.1%
てえこもち0.5%
おたいこ0.5%
はうかん0.5%
ぼうさん0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたくしは仲の町の芸人にはあまり知合いがないが、察するところ、この土地にはその名を知られた師匠株の幇間であろうと思った。
草紅葉 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
この頃京都で評判の高い、多門兵衛という弁才坊(今日のいわゆる幇間)と、十八になる娘の民弥、二人の住んでいる屋敷である。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
幇間、繪描きに胡麻摺俳諧師、藝人、藝者、——あらゆる道樂階級を網羅して、無駄飯を喰ふ人間の大集團と言つても宜いものでした。
内新好が『一目土堤』に穿りし仕込作者様方一連を云ふなれば、其職分くしてきは扇子前額へる幇間ならんや。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
この隠者は幇間のやうなことをやつてゐ、歌を作り、文を作り、貴族の子弟を教育してゐます。その主眼は男女のものゝあはれを教へる、手紙の書き方・歌の作り方を教へてゐます。
無頼の徒の芸術 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
仙「幇間なんてえものは彼方へべったり此方へべったりしてえやアがるから、向うの奴に何かすとたゞア置かねえぞ」
と妙な幇間を叩き、此方も心淋しいからく了簡になりまして、是れから玉兎庵という料理屋へ参り、図らずも此の奥様の身の上が分ると云うお話でございます。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
又一方幇間らしい軽佻な気分の中にはしやぎ切つた人だとも思はれる。しかしそこに満足してゐることの出来る人ではなかつたことだけは確かである。
西鶴小論 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)