南蛮秘話森右近丸なんばんひわもりうこんまる
「将軍義輝が弑された。三好長慶が殺された、松永弾正も殺された。今は下克上の世の中だ。信長が義昭を将軍に立てた。しかし間もなく追って了った。その信長も弑されるだろう。恐ろしい下克上の世の中だ……明智光秀には反骨がある。羽柴秀吉は猿智慧に過ぎな …
作品に特徴的な語句
なく 生活くらす めく ぱず 以前まえまえ 躊躇ためらっ 家内やない 寿よわい 交際まじわり 何人どなた つくり おとなし 迂闊うかうか やく ぼうっ おのれ 些少いささか 知己しりびと はず 抽出ぬきんで から べか 思量しりょう たくわ わたくし とも 汝等おのれら 気強きじょう 些少ちっと おい 邂逅いきあ 小僕こもの にわ 片隅かたほとり てん 浮木うきぎ あた 乳母ばあや 桜花おうか 以前まえ 仰々そもそも 頬髯ほほひげ 書物ほん わし くたば 攻撃 退治やっ 緊張ひきし そよ つもり 身長たけ いそ なの 妖怪もののけ 角度かど 如何いかが 一人いちにん 燈火ともしび じじい えが 汝等うぬら かけや 皓歯こうし それがし すもも つむ 服装みなり 有難ありがて あけ きたな 明日あした かな 紗布しゃきぬ はさ 指頭しとう 技倆うで えん なやみ 御尤ごもっとも もや のち 広袖ひろそで 平野ひらの 幇間たいこもち 帙入ちついれ 茫然ぼんやり 寂静ひっそり まか わたし 大路おおじ 周章あわて