“某”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なにがし48.3%
それがし24.8%
ぼう9.7%
ある8.4%
それ5.2%
さる0.5%
たれがし0.5%
ばう0.5%
かれ0.3%
0.3%
それかし0.3%
それの0.3%
たれ0.3%
たれそれ0.3%
なにそれ0.3%
やつがれ0.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日光の薬師堂の天井に、狩野なにがしの描いた龍があり、その下に立って手を拍つと、龍が、鈴のような声を立てて啼いた。啼龍といって有名である。
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もう六ツの拍子木が聞えるのに、まだなにがしは帰らぬというと同僚の者は心配して、拍子木打ちの仲間に聊か銭をやって、一層ゆるゆると廻らせた。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
御当主の御武運強く、逆徒ぎゃくと魁首かいしゅ天草四郎時貞を御討取遊ばされ、物数ものかずならぬそれがしまで恩賞に預り、宿望相遂げず
麻雀競技會マアジヤンきやうぎくわい常勝者じやうしようしやとしてその技法ぎはふをたゞ驚歎きやうたんされてゐたそれがし
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
あるところに宴会えんかいが開かれ、当時議会でぶりのよい有名なぼう政治家が招待せられ、わが輩もその末席まっせきについたことがある。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
いそしわのばしてると、これはすでに一ねんはんまへ東京とうけいぼう新聞しんぶんであつた。
それを見ると甚九郎は刀を投げ捨てて逃げ走った。そして、気がいてみるとじぶんある寺の門前に立っていた。彼は其処へ駈け込んだ。
山姑の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
当分厄介になる心算つもり出立しゅったつした途中、船橋ふなばしと云う所である妓楼ぎろうあがり、相方あいかたを定めて熟睡せしが
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
あめのつれ/″\に、ほとけをしへてのたまはく、むかしそれくに一婦いつぷありてぢよめり。
妙齢 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それうみにはのつけやうもなき大魚たいぎよありて、ひれうごかせばなみのあがること幾千丈いくせんぢやう
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「初対面の御坊の前で、まず我が身の身分苗字を名乗りませいではならぬ筈でござりまするが、しばらくおゆるし下さりませ。わたくしは都に屋敷を構えておりまするさる武家の娘、少しくお願いの儀がござりまして……。」
小坂部姫 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
こんなことを申しますと、貴客様は御不審におもわれましょうが、私の主人が長年のわずらいでございまして、主人と申しますのは、さる藩中でも人に知られた武士でございましたが、得体の知れない病になり、禄を辞退して此の森陰に隠れてから、彼れ是れ二十年にもなります、今はもう痩せ衰えて、明日も判らない御体でございますが、折好く貴客様が此処を御通りになることを聞いて、今生の思出に、舞の一手を御願い申したいと、私奴に云いつけて、貴客様の御出ましになるのを伺っておりました。
人面瘡物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「それにしても殿樣、どての上から、船の中の人の眼玉を射るのは容易の腕前では御座いません。何のたれがしと言ふ楊弓の名人でもなければ——」
「それにしても殿様、堤の上から、船の中の人の眼玉を射るのは容易の腕前ではございません。何のたれがしと言う楊弓の名人でもなければ——」
其の洋服代も美奈子がばう新聞社へ売つた小説の稿料の中から支払つたので妻がの目も眠らずに働いた労力の報酬の片端である。
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
鍋町に住んでゐる手習師匠のばう、お玉ガ池の用心棒で評判のよくない某、入谷の浪宅にくすぶつてゐる押借おしかりの常習犯で某と、十人ばかりの札付の浪人者が、町方の手で擧げられましたが、いづれも確かな現場不在證明があつて、この虱潰しらみつぶし案も失敗に終りました。
第二番に何屋のかれ綺羅きらを尽くした伊達だて姿が、眼の前を次から次に横切っても、人々は唯、無言のまま押合うばかり。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
さりながらあやしきは退院たいヽんがけに何時いつ立寄たちよれのいゑ
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
けんじていはく、それかし飛行自在ひぎやうじざいじゆつの候、瞬時またゝくまにして
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
この猛犬は、——土地ではまだ、深山みやまにかくれてきている事を信ぜられています——雪中行軍に擬して、中の河内かわちを柳ヶ瀬へ抜けようとした冒険に、教授が二人、それの中学生が十五人、無慙むざんにも凍死をしたのでした。
雪霊続記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たれさんは、昨夜ゆうべ、狸に化されて家へよう帰らずに、ある所をぐるぐると歩いていた」
村の怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
またわれわれが『論語』や『聖書』を読み万世不朽ふきゅうの金言と称せらるる教訓にれても、うまいことをいっている、このおしえたれそれに聞かしてやりたいものだと、おのれの身にあてはめて考えるよりは、他人に応用する心地ここちすることがままある。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
「論より証拠ぢやありませんか、ここにちやんと刷りこんでありまさあね、⦅役僧なにそれこれを物語る⦆と。」
「はてね、少しあぶないもので。やつがれが勝つでござりましょうよ」
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)