名娼満月めいしょうまんげつ
人皇百十六代桃園天皇の御治世。徳川中興の名将軍吉宗公の後を受けた天下泰平の真盛り。九代家重公の宝暦の初めっ方。京都の島原で一と云われる松本楼に満月という花魁が居た。五歳の年に重病の両親の薬代に代えられた松本楼の子飼いの娘ながら、名前の通り満 …
作品に特徴的な語句
此方こんた 危険やば 冷笑あざわらい かれ こち 仔細ことわり 風采ようす 痴呆ほう 前触しらせ ふさ よご こころ づら 舵取かんどり 表情かおつき 昨夜ゆんべ べり 嫖客おきゃく おわ 成長おおき 六花むつばな 南風はえ 配合とりあわせ 押借おしが おし 揉合もみわ 碇泊かか いと くう 葛蔓くずかずら のぞ 煽立おだ かんばせ 芳香かおり かたじけ 後退あとしざ せん うしろ おお はなれ 繻子じゅす はず 退引のっぴ とお 美味おいし つか さいな くじ 草木そうもく 芳香におい 愚昧おろか 怨恨うらみ 思召おぼしめし つか かな のち 方々かたがた 幼少おさな ばか 平生いつも 干鰯ほしいわし 川底かわそこ 川堤かわどて だけ 屹立きった 屍鬼しにん あぎと ことごと 小手ごて 小倉おぐら 家鳴やなり 賭博ばくち 普通なみ やみ 身共わて 妖怪ばけもの 馬糞まぐそ 阿片アヘン すぐ くら 空腹すきばら いと ふくべ 銭叺ぜにがます 頽雪なだ いとぐち