“六花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろっか33.3%
りっか33.3%
りくくわ22.2%
むつばな11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十勝岳ではよく水晶のような六角柱の雪の結晶で両底面に六花の板状結晶がついて丁度鼓のような形になったものが降って来ることがある。
雪雑記 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
針状結晶の多いことはよいとして、そのほかに、六花、角板、砲弾型、角柱、側面結晶など、ほとんどあらゆる型の結晶がまじっている。
黒い月の世界 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
とてもらば五尺六尺雨戸けられぬらして常闇長夜りてたしと譫言ふちろ/\にも六花眺望けれど
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
うしろからしかけた大傘の紋処はいわずと知れた金丸長者の抱茗荷と知る人ぞ知る。鼈甲ずくめの櫛、に後光のす玉の、柳の眉。綴錦裲襠に銀の六花摺箔。五葉の松の縫いつぶし。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)