“六日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むいか86.2%
むゆか3.4%
ろくんち3.4%
五日3.4%
廿六日ノ誤カ3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いゝえ、一緒ですから……でも大雪なぞは、からえますと、こゝに一人きりで、五日六日しますよ。」
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
宮はそれ等をはしとて一切用ること無く、後には夫の机にだに向はずなりけり。かく怠らずられし文は、又六日を経て貫一のに送られぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ただ六日以来行ってやらなかったものだから、それを物足りなく思って、退屈紛れに兄を釣り寄せたのである。きょうは日曜だのに来てくれないのはひどいと言って怒っていたそうである。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
十二月喀血(六日)の夜そのことを話す。風呂場で、妙なセキが出るのね、と云ったとき
「伸子」創作メモ(二) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)