三四郎さんしろう
うとうととして目がさめると女はいつのまにか、隣のじいさんと話を始めている。このじいさんはたしかに前の前の駅から乗ったいなか者である。発車まぎわに頓狂な声を出して駆け込んで来て、いきなり肌をぬいだと思っ …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 神田かんだ びん 流暢りゅうちょう 長火鉢ながひばち 稲妻いなずま 面長おもなが 棕櫚しゅろ 納得なっとく 海月くらげ 嫌疑けんぎ もも 肌理きめ 錦絵にしきえ 従弟いとこ 芝生しばふ 藁葺わらぶき 黴菌ばいきん 斡旋あっせん 幔幕まんまく 律義りちぎ 浮世うきよ 本郷ほんごう 土堤どて 手柄てがら 百日紅ひゃくじつこう 標榜ひょうぼう 陳腐ちんぷ 追分おいわけ 八百屋やおや 初手しょて 彗星すいせい 石膏せっこう 一筋ひとすじ 半年はんねん 宛名あてな 絨毯じゅうたん 落語家はなしか さん 手数てかず 白山はくさん かき 生捕いけどり 花簪はなかんざし 額縁がくぶち 駝鳥だちょう 常磐木ときわぎ 焼酎しょうちゅう 五日ごんち 悪戯者いたずらもの 発作ほっさ 手蹟 月日つきひ 根太ねだ 大工だいく 片頬かたほお 唐辛子とうがらし 早稲田わせだ 蒸籠せいろ あぶみ ひょう 悠長ゆうちょう 晏如あんじょ 矛盾むじゅん 解脱げだつ 金箔きんぱく 小石川こいしかわ 正気しょうき 鼻緒はなお 下痢げり 瞑想めいそう 為替かわせ 口上こうじょう 正鵠せいこう 猿股さるまた 神楽かぐら 纏綿てんめん 後影うしろかげ 蹴込けこ 鰹節かつぶし じく 気取けど 素姓すじょう 興津おきつ 籠城ろうじょう つぶ 鳥居とりい 半間はんま 木地きじ 臆病者おくびょうもの 都々逸どどいつ 捕虜とりこ 五色ごしき 駄々だだ 殊勝しゅしょう 匿名とくめい 椽側えんがわ 三日さんち 世帯しょたい