三四郎さんしろう
うとうととして目がさめると女はいつのまにか、隣のじいさんと話を始めている。このじいさんはたしかに前の前の駅から乗ったいなか者である。発車まぎわに頓狂な声を出して駆け込んで来て、いきなり肌をぬいだと思ったら背中にお灸のあとがいっぱいあったので …
作品に特徴的な語句
ハスバンド つきかさ ひか 晩餐デナー 経緯よこたて 移転こし 悪魔デビル れん 遊戯いたずら 小片パーチクル 悪気にくげ 上下しょうか かおり 建築ビルジング 彼女かのおんな あにき 見舞みやげ 一回ひとまわ づれ まじない 身長なり はじ 三日さんち あたま そら 二十にじっ 洒落しゃらく 画工アーチスト 微笑わら たか 日光 じつ 襟巻ボーア せい 晩食ゆうめし 助言じょげん バスケット 雲母マイカ 人魚マーメイド こうべ 寂寞じゃくまく 身長たけ 敷布シート はた おのれ 単衣ひとえもの えみ 赤酒あかざけ 等身ライフサイズ きく 関節つがい ぜん 刺繍ぬい 画筆ブラッシ 冒頭ぼうとう 六日ろくんち みつ めん おん さく 田地でんち 用達ようだ 物価しょしき うっ 会堂チャーチ かご 恭助きょうすけ 誰某だれそれがし 戸外こがい 一言いちげん おり ひと はかりごと 一品いっぴん 四日よっか 岑々しんしん 子規ほととぎす 昼飯ひる まこと 家主やぬし いもと 四人よったり きれ びょう すい 禿はげ