“悪魔”のいろいろな読み方と例文
旧字:惡魔
読み方割合
あくま60.7%
サタン16.4%
デモン4.9%
ぢやぼ1.6%
でもん1.6%
チョルト1.6%
るしへる1.6%
デビル1.6%
アルカミアシ1.6%
オールド・ニック1.6%
チヨルト1.6%
デベル1.6%
メフイスト1.6%
ルシファー1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
悪魔! 人でなし! かれらはこのかれんな子どもたちをどうしようとするのだろう、助けてやろうとは思わないのでしょうか?」
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
なほ天堂に於ける天女にして、もしその面貌醜ならむか、濁世悪魔花顔雪膚に化したるものに、嗜好の及ばざるや、だ遠し。
醜婦を呵す (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ピリオドを打ち得ず、小さいコンマの連続だけである。永遠においでおいでの、あの悪魔に、私はそろそろ食われかけていた。蟷螂である。
「なれど今『あんちおきや』の帝は、が下に並びない大剛の大将と承つた。されば悪魔も帝の御身には、一指をだに加へまじい。」
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
南蛮といっている葡萄牙渡来の鉄の面甲には、悪魔、鬼、獅子、狼、鷲など、いろいろの型があり、矢弾掠傷から面部を保護するための武具だが
うすゆき抄 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ロシアの人が言うように、一つの黒い小さい穴から一匹の悪魔が消えるものなら、何てどっさりの悪魔が、ここいら辺の雪の上についた穴から消えたことだろう。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
フェレラは彼女の昔の情人にでも似てゐて、それを「夢に見た事のある悪魔」なぞとごまかしたのではなからうか。
男の顔がはなはだ獰猛にできている。まったく西洋の絵にある悪魔を模したもので、念のため、わきにちゃんとデビルと仮名が振ってある。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
汝たちは、ここから急いで帰ったがいい。おまえたちの泊ろうとした場所は、たぶん悪魔がすんでいるところだろうから、津波もこないのに、いまにも襲いかかるように見せたのだろう。
そして悪魔がすべて時計の形をしているものをことごとく手に入れてしまったらしい。
鐘塔の悪魔 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
その一人が、直接の主人よりナースチャになんだかおっかぶさって(悪魔さらわれろ
赤い貨車 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
可愛相だが悪魔様の犠牲だ。ヘヘ。待っていたぞ畜生……うまく行けあ俺の信心は満点だ。大阪の金持以上の根性になれる。ヘヘ……義理も人情も、神も仏も踏殺して行けるんだ。
骸骨の黒穂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
少女マルグリツトの家の戸口に悪魔呼出す魔界の天使に御座候。彼女等は彷徨ふ若き男の過去未来を通じて、その運命、その感想のてを洞察し尽せる神女に候。
夜あるき (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「ああ、あの悪魔がやって来た時のこと……」
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)