骸骨の黒穂がいこつのくろんぼ
まだ警察の仕事の大ザッパな、明治二十年頃のこと……。 人気の荒い炭坑都市、筑前、直方の警察署内で起った奇妙な殺人事件の話……。 煤煙に蔽われた直方の南の町外れに、一軒の居酒屋が在った。周囲は毎年、遠賀川の浸水区域になる田圃と、野菜畑の中を、 …
作品に特徴的な語句
ともらい 如何どげ さげ 悪魔デベル 彼奴あやつ 真相どろ 小女あま 無頼なぐれ 経緯すじみち たか かつ ほど 鋸屑のこぎりくず あが 不可いか かむ 半切はんぎり 後退あとしざ しな こと 上口あがりぐち 人気にんき かたき 今少まちっ 前兆しらせ 地面じべた のち 態度ようす 新入しんにゅう 曳出ひきだし あらた 狃染なじみ めじり もん 耶蘇やそ 肋骨あばら 腥物なまぐさ だこ 貴方あんた にわとり 一個ひとつ 一切いっさい 一所いっしょ うち 中禿ちゅうはげ 乾児こぶん 二室ふたま 仇讐かたき 仏性ほとけしょう 以来このかた 位牌いはい てい 内懐うちぶところ もた くぼ 初々ういうい 前垂まえだれ 匕首あいくち 医師いしゃ 卓子テーブル おろ かな 向家むかい 味見きき 咽喉のど ささや ふさ 外道げどう うち 家中うちじゅう 小女こおんな 小潜こくぐり 小金こがね 山窩さんか きっ 帷帳とばり 彼奴あいつ 御断おことわり 懐中ふところ 所謂いわゆる 手蔓てづる かつ 拇指おやゆび むし