“仏性”のいろいろな読み方と例文
旧字:佛性
読み方割合
ほとけしょう47.4%
ぶっしょう42.1%
ぶつしやう5.3%
ぶつせい5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船室にりて憂目いし盲翁の、この極楽浄土仏性の恩人と半座を分つ歓喜のほどは、くもその面貌と挙動とにれたり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一切のものはその仏性においては、美醜の二も絶えた無垢のものなのである。この本有の性においては、あらゆる対立するものは消えてしまう。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
心中を涅槃にくつつけたやうなところがあるが、生中さういふ小乗に行かなかつたところに、却つてかれの勇者たり智者たるところがあるのであつて、這個仏性ありと言はずには居られない。
西鶴小論 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)