“佛性”の読み方と例文
新字:仏性
読み方割合
ほとけしやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さうだらう、こんな生物を可愛がる人は、矢張り佛性なんだよ。ところで、八、お前は此處で見張つて居てくれ、俺はちよつと隣の部屋へ行つて來るから」
不實はずとつて先方れほどつてるかれはせぬぞ、とらぬなれば佛性旦那どのつるに、やおのづとぼてりして、には動悸たかゝり。
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「それ旦那があんなに仰しやるぢやないか。鬼になるのは私のやうな佛性の者に限るとよ」