“胸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むね86.0%
むな10.9%
ここ0.9%
ハート0.9%
えり0.6%
けう0.3%
みね0.3%
ムネ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かりうどが、りにつかうをぬいて、なにも知らない白雪姫のをつきさそうとしますと、お姫さまは泣いて、おっしゃいました。
といってそのもとへ、石火にのびてきた朱柄石突きは、かれの大刀が相手の身にふれぬうちに、かれの肋骨の下を見舞った。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
エレーナ ああ、なんてな話だろう。あたしまるで、何千貫もある荷物を背負って歩いたみたいに、がどきどき言っていますわ。でもまあ、よかったわ、済んで。
僕のは僕のえるためにできていた。行動の結果から見て、はなはだしいさない過去をみると、これが人間の常体かとも思う。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
山猫はなるほどといふふうにうなづいて、それからいかにも気取つて、繻子のきもののを開いて、黄いろの陣羽織をちよつと出してどんぐりどもに申しわたしました。
どんぐりと山猫 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
れたる棋士中やして如何に? どんな勝負事も後に生問題附けるとなれば一そう尖鋭化してくる事は明かだが
はじめてをしてったのであるが、世間というところは、こんなにしいものどうしのまりだろうか。そうえると、しみでふさがっていたのうちが、だんだんるくなりました。
汽車は走る (新字新仮名) / 小川未明(著)
さらにいじらしいことには、小さい小さいのし紙をに下げて、そこに「アッコオバチャン」「ヤスコ」と書いた一寸ほどのもんぺをはいたコケシ人形が現れました。