“山猫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまねこ91.7%
リンクス8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あゝありがたや、山猫やまねこさま。おかげでわたくしは脚がなくなってもう歩かなくてもよくなりました。あゝありがたいなまねこなまねこ。」
洞熊学校を卒業した三人 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
ジャン・ヴァルジャンはあたかも山猫やまねこつめを甘受してる獅子ししのように、ジャヴェルにつかまれたままじっとしていた。
それが山猫やまねこのようにきらきらひかかりをさきてて、どやどやりてくるのです。
瘤とり (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
偶々たま/\突立つゝたつて歩行あるくものは、しやうくねえ、野良狐のらぎつねか、山猫やまねこだよ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
知らぬ土地故ゆゑ応頼おうらいの、転ぶ噂もきのふと過ぎ、今日けふ迄すましてゐられたが、東京にゐた其の頃は、毎度いろはの新聞で、仮名垣かながきさんに叩かれても、のんこのしやアで押通し、山猫やまねこおきつと名を取つた
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
支那の神仙が虎を使い物とした例は『列仙伝』などに多いが、ギリシアの酒の神ジオニソスはふくろうを忌み、江豚いるか・蛇・うさぎうま・虎・山猫リンクス・豹を愛す(スミス『希臘羅馬人伝神誌字彙ジクショナリー・オヴ・グリーク・エンド・ロマン・バヨグラフィー・エンド・ミソロジー』巻一)。