“山猫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまねこ91.7%
リンクス8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だ、これをつてるほどなら、がけにつて、這麼ものをへやう。……しやあがつたな! 山猫め、め、野狸め。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ね床にもぐつてからも、山猫のにやあとした顔や、そのめんだうだといふ裁判のけしきなどを考へて、おそくまでねむりませんでした。
どんぐりと山猫 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
支那の神仙が虎を使い物とした例は『列仙伝』などに多いが、ギリシアの酒の神ジオニソスはを忌み、江豚・蛇・・虎・山猫・豹を愛す(スミス『希臘羅馬人伝神誌字彙』巻一)