“長尾驢”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
カンガルー100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“長尾驢”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]10.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
雄の腹下や尾裏に子を懐く事海馬に同じ(長尾驢カンガルーなど濠州産の諸獣も腹の嚢中に子を育つるが、海馬などと異なり雌がその役を勤める)。
過去世のイグアノドン、予がハヴァナの郊外で多く見たロケーなど、蜥蜴類は長尾驢カンガルーのごとく、尾と後の二脚のみでね歩き、い行くもの少なからず、ってスプールスが南米で見た古土人の彫画ほりえ