“羊”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひつじ88.9%
しつち3.7%
やう3.7%
シープ3.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“羊”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓25.0%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア25.0%
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
世間の批評が我々の行為を抑制することは、あたかもひつじの群れを監督するために羊犬シェファードドッグを付けるがごとくである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
おろかなるひつじは草を食いながら、少しでも柔軟に、少しでも緑の草があるほうに進み、だいたいの方向も忘れて進み路を迷いやすい。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
しつち飼ふ童もありや
枯草 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
明星のゆふべはやがて月の夜となりぬ。ホテルの下に泉あり。清冽の水滾々と湧き、小川をなして流る。甕の婦人来り、牧夫来り、ぎうやう駱駝らくだ、首さしのべて月下に飲む。
「牧場はいいですよ。月寒つきさっぷの牧場は、雄大でシープがいて。ええ、行って来ました。向うに野幌のっぽろの原始林が見えましてね。それに地平線までが緑ですからね。もっとも月寒の夕方がいいそうです。夕日の頃が、シープを追って帰る頃が、まるで日本ではありませんよ。」
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)