自警録じけいろく
芭蕉無耳聞雷開 葵花無眼随日転 そめ色の山もなき世におのづから 柳はみどり花はくれなゐ とかく道徳とか仁義とかいえば、高尚遠大にして、通常人の及ばざるところ、たまたま及ぶことあれば、生涯に一度か二度あ …
作品に特徴的な語句
いちご 同棲どうせい 二日ふつか 不便ふべん 裸足はだし 薩摩さつま 混沌こんとん 無駄むだ 手柄てがら 女々めめ 嫌疑けんぎ 采配さいはい 海月くらげ もも 従容しょうよう 沢庵たくあん もんめ 不具ふぐ 始末しまつ かみしも 律義りちぎ たで 布団ふとん 沙漠さばく 造詣ぞうけい 黴菌ばいきん 寵愛ちょうあい 謀叛むほん 伽話おとぎばなし 冷汗ひやあせ 反物たんもの 鞭撻べんたつ 後家ごけ 忌憚きたん 井戸いど 看板かんばん 蔓延まんえん 生木なまき 家来けらい 標榜ひょうぼう 勃興ぼっこう 檀家だんか 譴責けんせき 分限ぶんげん 烱々けいけい 追分おいわけ 余裕よゆう 訊問じんもん 中々なかなか 八百屋やおや 秘訣ひけつ 蓮華れんげ こうし 頑是がんぜ 毀誉褒貶きよほうへん 鶏卵けいらん 頑張がんば 夢寐むび はかり 遠慮えんりょ 些事さじ 大尽だいじん 濶歩かっぽ 鼻汁はなじる 建物たてもの 面倒めんどう 含蓄がんちく 奢侈しゃし たお へい 凡庸ぼんよう 嶮岨けんそ 廃頽はいたい 書翰しょかん 相俟あいま 当惑とうわく 拳骨げんこつ 旺盛おうせい 脂肪しぼう 怯懦きょうだ 追々おいおい どじょう 賜物たまもの 辞儀じぎ 年頃としごろ 麒麟きりん 齷齪あくせく 捏造ねつぞう つと 杞憂きゆう 催促さいそく 堕落だらく 寸分すんぶん 雨露あめつゆ 諫言かんげん 人品じんぴん