自警録じけいろく
芭蕉無耳聞雷開 葵花無眼随日転 そめ色の山もなき世におのづから 柳はみどり花はくれなゐ とかく道徳とか仁義とかいえば、高尚遠大にして、通常人の及ばざるところ、たまたま及ぶことあれば、生涯に一度か二度あって、専門的に修むる者にあらざれば、単に …
作品に特徴的な語句
くろ とこしなえ つき ひやか めまい 便たちま あから たれそれ きず はずかしめ みじこ あらわ じょう ばた 何人なにぴと ざわ たいらか はん すくない じゅう しょう しょう きょう さかしゅ きさま こわ なお まこと ちが ぽう いん 種々しゅじゅ いつは たん 女子じょし へん ゆかり 平生へいせい しょ ごう めい いまわ しょう ふる 不可ふか えい すき もと かい しょう ちょう ごん かつ めん 綺麗グレースフル ゆき いささか しょく あく 処女しょじょ いずくん 首引くびひ 祝詞しゅくじ さい しゃ かて だっ 木瓜もっか 遊女ゆうじょ いずくん げん りょう あず ほう てき つぶや こう れん 退しりぞ はにか しつ とうと だん しゅう よみ