“料”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はか33.9%
りょう23.2%
しろ19.6%
れう11.6%
シロ3.6%
かて1.8%
たね1.8%
タネ1.8%
カネ0.9%
ハカ0.9%
レウ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人の君も我を愛し給ふ。この愛は、らずも我母上を、おのが車のにかけしことありと知りてより、愈〻深くなりまさりぬ。
十月になるとわたしは川の牧草地にブドウ採りに出かけ、というよりはその美しさと香りの点で珍重すべきをしょってきた。
「金はねえががある」懐中からを取り出した。「先刻下ろした鰻掻、歯先に掛かった黒髪から、こんな鼈甲が現われたってやつさ」
隠亡堀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「親族の者から貰ひ受けましたものの、うるさく鳴き立てますので弱つてしまひます。で、近いうちにつて食べようかと存じます。」
其貢物は皆国造家の「ことほぎ」であるが、其中、白鵠生御調は、殊に重要な呪物であつた。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
高尚遠大にして、通常人の及ばざるところ、たまたま及ぶことあれば、生涯に一度か二度あって、専門的に修むる者にあらざれば、単に茶話
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
わが初の作のになりしは、向ひなる枯肉鋪なりしこそ可笑しけれ。此家の貨物べ方は、旅人の目にさへ留まるやうなりければ、早くも我空想を襲ひしなり。
ひさかたのかな機。「女鳥のわがおほきみのす機。ろかも。」
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
かねの方は、「」或は「」など言ふに接近してゐる。其だけ、名詞に近い感じを持たせる句を作る。
副詞表情の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
り知れない々の代から信仰として伝へられ、形式のみ残つて、当代の信仰と合はなくなり、意味のわからなくなつたものが沢山ある。
万葉集の解題 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
伴信友は、典型的な学究態度を持して居たが、彼の珍しく博い材料は、まだり残したところがある。
古代研究 追ひ書き (新字旧仮名) / 折口信夫(著)