隠亡堀おんぼうぼり
「伊右衛門さん、久しぶりで」 こう云ったのは直助であった。 今の商売は鰻掻であった。 昔の商売は薬売であった。 一名直助権兵衛とも呼ばれた。 「うん、暫く逢わなかったな」 こう云ったのは伊右衛門であった。 昔は塩谷家の家来であった。 今は無 …
作品に特徴的な語句
一所ひとつところ しゅ めえ すみ 高尚ノーブル 前方まえ 吃驚びっく しろ 此方こっち せりふ 肋骨あばらぼね いじ ほのか わたし うらみ ぼか びく 真実ほんと 鰻掻うなぎかき 不可いけ 不味まず なが しま たお 何処どこ 俺等おいら 先刻さっき 其奴そいつ かぶ ひや 初心うぶ 別嬪べっぴん たた 嘲笑あざわら おど 増花ますはな 変梃へんてこ やつ むし もっと 屹度きっと いわ ゆる 彼奴あいつ 恨死うらみじに 憂鬱ゆううつ 懐中ふところ かたき これ 枯蘆かれあし うめ 機勢はずみ くし まさ 此処ここ 民谷たみや 洒落しゃれ まこと あさ 濡衣ぬれぎぬ 玩具おもちゃ こぶ なお 直助なおすけ 砂村すなむら たた やつ 背後うしろ あぶら つや 芭蕉ばしょう こけ こも そで 許婚いいなずけ きし とて 退