“迚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とて96.8%
2.8%
とつて0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今の日本の有様では君の思って居る様な美術的の建築をして後代にすなどと云うことはも不可能な話だ、それよりも文学をやれ
落第 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
謠へば面白いのだが、お秋さんにはてもそんなことをせて見ようつて出來ないから駄目だ。それどころではない。
炭焼のむすめ (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
旦那見放されちや、かれめえ」勘次れだけいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)