“とつて”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
把手73.3%
取手20.0%
6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、その男は罵りつづけながら、行きあたりばつたりの一軒の家に近づいて、その窓の前に立ちどまると、木の把手でも捜すやうに窓硝子を指で撫でまはしはじめた。
足の方ははつきり判らぬが帶の赤いのが取手の邊にほのめいて、それからずうと上にきら/\と光つてゐる片方の眼が自分を見下してゐるのに氣がつく。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
旦那見放されちや、かれめえ」勘次れだけいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)