ディカーニカ近郷夜話 前篇ディカーニカきんごうやわ ぜんぺん05 五月の夜(または水死女)05 ごがつのよる(またはすいしおんな)
とんとどうも分らない!堅気な基督教徒が何かを手に入れようとして、まるで猟犬が兎を追つかけるやうに、あくせくとして骨を折つても、どうしても旨くゆかないやうな場合に、そこへ悪魔めが荷担して、奴がちよつと尻尾を一つ振らうものなら、もうちやんと天か …
作品に特徴的な語句
たま さめ 老爺ぢぢい ぜん 接吻なめ すき あつた おふくろ 水底みづぞこ さま さき おの 大海うみ 想像おもひつき 住居うち 往来おもて 奇怪けち 後妻のちぞひ つか 茅舎わらや 令嬢パンノチカ めあ 微笑わら 此処こちら とつ 物語おはなし 紅潮いろざし 罪科つみ 茅屋わらや をか 住居すまゐ 処女をとめ 刺繍ぬひ めえ 天使みつかひ 嬢様パンノチカ 彼女あいつ 彼奴きやつ 把手とつて 抵抗てむかひ 煙管パイプ おやぢ 雛子ひよつこ おも 叢林しげみ 塗料いろ 女房かみさん こは くたば 普通ただ 桜桃さくらんばう うぬ 煖炉ペチカ 異郷たび ぱら ひぢ 葛湯キッセリ 退 たけ 静謐しじま 万象ものみな 供奉おとも 信用あて 先刻さつき 呪禁まじなひ くち もと ひと 妖女ウェーヂマ 少女をとめ まち 平素いつも たる 息吹いぶき 悪戯わるさ ひし 明日あした 昨日きのふ 普通なみ 桜樹さくら はしばみ 紫斑あざ 継母はは 総帥ゲトマン はね 背高のつぽ 蒸溜 薄倖ふしあはせ 親爺おやぢ 道程みち 醸造つく しろがね
題名が同じ作品