“親爺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おやじ80.6%
おやぢ15.0%
おど1.0%
ちやん0.5%
おいぼれ0.5%
おつ0.5%
おやじい0.5%
おやっ0.5%
とっ0.5%
ヘンリー0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
抱え主の親爺の話もちょいちょい均平の耳へ入った。ある点は誇張であり、ある点はナイブな彼女の頭脳で仕組まれた虚構であった。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
親爺は幾度か叱り飛ばしてと芋畑に連れ出しはしたが、成斎はのやうにいつの間にか畑から滑り出して、自分のに帰つてゐた。
「待ってけれ、親爺、頼むから、待ってけれ」
地底獣国 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
親爺がいつもさう言つてら。自動車の旦那衆だけには忘れんやうにお辞儀しろつてね。だつて自動車に乗つて来る人、みんなのお客様だもの……」
「おーいッ、炭焼。——この小屋の親爺はおらんか」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
親爺さん、もう始めたんか。」
続生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
「なあ今はん。ほんまに俺、情ないことやけれどな、紅梅派の親爺さんには、こののちもっともっとお世辞言わんならん思うてるね」
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
親爺さん、悪い事は云わん。この鰤は腐っとるばい。こげな品物ば下げておくと、喰うたお客の頭の毛が抜けるばい」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「ヘンリーはあれを朝飯の時に二三杯位ゐづゝ飲む習慣だつたよ。その時分には、田舎などにはあれがなくつて親爺は、横浜に居たフロラの家から送つて貰つてゐたんだ。」
素書 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)