新書太閤記しんしょたいこうき04 第四分冊04 だいよんぶんさつ
九死に一生を得、殿軍の任を果して帰った将士が、京都に帰りついた第一夜の望みは、 「とにかく寝たい!」 それだけだった。 君前に報告を終って、退って来る途中からもう藤吉郎は、 「寝るのだ寝るのだ」 と、 …
作品に特徴的な語句
土瓶どびん 対峙たいじ 夜叉やしゃ 敵愾心てきがいしん 美濃みの 脾腹ひばら やじり 修羅しゅら 峻烈しゅんれつ 采配さいはい 駿河するが 詰問きつもん 従容しょうよう 麾下きか 断乎だんこ 狐狸こり 眉宇びう 韋駄天いだてん ひよどり よし 披瀝ひれき なみ 供養くよう 足利あしかが 闡明せんめい 午過ひるす あさひ 仮借かしゃく かけひ 幔幕まんまく 喊声かんせい 混沌こんとん 木挽こびき 籠手こて 人非人にんぴにん 和睦わぼく 殲滅せんめつ 臆測おくそく 大喝だいかつ 峻厳しゅんげん 無碍むげ 震駭しんがい 夕靄ゆうもや 困憊こんぱい 塹壕ざんごう 忌憚きたん 清冽せいれつ 満腔まんこう 飢饉ききん さかい 僭越せんえつ 何刻なんどき 叡智えいち 屈託くったく 陳腐ちんぷ 危惧きぐ 重畳ちょうじょう 御法度ごはっと 僧形そうぎょう 嫡子ちゃくし 山麓さんろく 厖大ぼうだい 抹殺まっさつ 錯覚さっかく 叡山えいざん 遮断しゃだん 錚々そうそう 俯瞰ふかん 栄螺さざえ 述懐じゅっかい 奢侈しゃし しきみ 仰天ぎょうてん 凌駕りょうが 未曾有みぞう 渺茫びょうぼう 驀進ばくしん 清楚せいそ 一叢ひとむら 外道げどう げき 生捕いけど 脳裡のうり 逆立さかだ まんじ 遁走とんそう 縷々るる 曲輪くるわ 母衣ほろ 海嘯つなみ 湮滅いんめつ 直々じきじき 二間ふたま 情誼じょうぎ ねぎら 諫言かんげん 蹉跌さてつ 一揆いっき 公方くぼう
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)