新書太閤記しんしょたいこうき10 第十分冊10 だいじゅうぶんさつ
一年。——実にわずか一年の間でしかない。 去年天正十年の初夏から、ことし十一年の夏までの間に、秀吉の位置は、秀吉自身すら、内心、驚目したであろう程な飛躍を遂げた。 明智を討ち、柴田を斃した。 滝川、佐々も膝を屈した。 丹羽長秀はひとえに信を …
作品に特徴的な語句
退 ハシ まさし タク シチ ハヂ ヤブ オボ カウム ぞな こと もの シカ ばたら とき ヌス がさ 夫婦ひとつ たん モト かう だま 御前ごぜ じょ ウカガ ひま アザム 退 ふくろ そら いっ じろ こう 確乎しか ひとつ ハラ だま りゃく ぜい 悪性わるしょう づら 未明みみやう かん ヤイバ すぐ たま はい へん あん ゆう かたじけの しる じり もと おこな おと ぼう 見損みそこの 闇々アンアン 生地しょうち かかわ おも 間隙はざま ひつじ とつ 穿 負傷てきず 酒杯しゅはい つろ おさ あせ トガ まな すみ あや 施物せもの はい かしこま 銀杏ぎんなん 前立まえだ きは
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)