新書太閤記しんしょたいこうき10 第十分冊10 だいじゅうぶんさつ
一年。——実にわずか一年の間でしかない。 去年天正十年の初夏から、ことし十一年の夏までの間に、秀吉の位置は、秀吉自身すら、内心、驚目したであろう程な飛躍を遂げた。 明智を討ち、柴田を斃した。 滝川、佐 …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 美濃みの 脾腹ひばら 修羅しゅら 諏訪すわ 背戸せど 采配さいはい 公達きんだち 鬱憤うっぷん 出雲いずも 従容しょうよう 慷慨こうがい 麾下きか 御褒美ごほうび 脱兎だっと 博多はかた 盂蘭盆うらぼん よし 韋駄天いだてん 伊豆いず 供養くよう あま 蔓草つるくさ 金槌かなづち 容赦ようしゃ しめ まこと 楚々そそ かけひ 野良のら 仮借かしゃく 蚊遣かや くりや ざか 後家ごけ 造詣ぞうけい 鉄漿かね 峻厳しゅんげん 殲滅せんめつ 籠手こて 先途せんど 塹壕ざんごう 大喝だいかつ 臆測おくそく 忌憚きたん 根柢こんてい さかい 亜細亜アジア 仄白ほのじろ 淙々そうそう 危惧きぐ 叡智えいち 何刻なんどき とら 見栄みえ 嫡子ちゃくし 貪欲どんよく 幸先さいさき 逼迫ひっぱく 俯瞰ふかん 木魂こだま 錯覚さっかく 錚々そうそう 凡庸ぼんよう 厖大ぼうだい 未曾有みぞう 白湯さゆ 肝煎きもいり 清楚せいそ 相俟あいま 硯箱すずりばこ 齟齬そご 愚昧ぐまい 書翰しょかん 浪華なにわ 遁走とんそう 伺候しこう 定紋じょうもん 一棟ひとむね まんじ 廃頽はいたい 曲輪ぐるわ 縷々るる たつ 伯耆ほうき 余燼よじん 脳裡のうり 蹉跌さてつ 一揆いっき ねぎ 狙撃そげき 空蝉うつせみ 諫言かんげん 酸鼻さんび 催促さいそく 直々じきじき 乾坤けんこん
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)