“尻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しり67.1%
けつ13.6%
7.6%
じり5.7%
ちり2.5%
いど2.2%
しりッ0.3%
いしき0.3%
0.3%
ヒップ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その廻りに、黒ん坊みたいな子供が四人、ウジャウジャと寝て、その向うに腰巻一つの内儀さんが、ったをこっちへ向けている。
雷嫌いの話 (新字新仮名) / 橘外男(著)
黒服の親仁は、すっぽりと山高を脱ぐ。兀頭で、太い横皺がある。で、閣翁を突くがごとくにして、銅像に一拝すると
手前なんぞは横町の黒や斑と大したえがあるものか。黒や斑はおれの顏をみると、をふつて來るだけも可愛らしいや。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
ミルハはその情人という言葉をとらえて、冗談に怒ったふうをした。クリストフはそれ以上何にも知り得なかった。彼はぎ込んだ。
皮肉を云はれながらも、所天がいつに無く多少のうち解けを見せるのが、千代子には嬉しかつたらしい、で、をしてゐたので
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
と口には申しましても、玄石が腰を掛けてへ、べったりと大きなおえて居りますから、玄石が上りたくも上ることが出来ません。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
稼いでうといって又ぺたをつと、いから又ぴょこ/\飛出しては稼いで来る、えには金が疲れてう働らけねえから何うか置いておくんなさい、う何処へもきません
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
どうも體のどこもが丸くなるのが——などが極立つて格好が惡くなつて厭でした。
鏡二題 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
表面無視しながら、阿賀妻は明瞭り、その底意を読みとることが出来た。その男の言葉りにあらわれた九州なまりも気になるものであった。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
鮭でモオリーの横っ面を力まかせにりつけ、ひょろけるやつを襟首とをつかんで鮭の山の中へ埋めてやると、モオリーは頭から爪先まで鱗にまみれて
南部の鼻曲り (新字新仮名) / 久生十蘭(著)