雷嫌いの話かみなりぎらいのはなし
びしょびしょと、鬱陶しい雨が降っている。雨垂れの音を聞きながら、私は、このペンを握っているのであるが、この文章が雑誌に載って、世の中へ出る時分には、カラッと晴れた暑い夏がやってくると思うと、私は、何ともいえぬ憂鬱な気持になってくる。 夏が、 …
作品に特徴的な語句
時々サムタイムズ うっちゃ でか ひで うわ サンダー 遺憾ベリイソーリイ ごう ぬか なまめ 注文オーダー もぐ てき 蚊帳がや 裸体ぱだか きわ 一天いってん 内儀おかみ 内房うちぼう ろう かな 智利チリー たるき 秘書ステノ 間諜スパイ つら 二間ふたま わた くだん にわか 億劫おっくう つんざ 勿体もったい にお 印度インド いや 可愛かわい あき 呪詛じゅそ 呶鳴どな 和蘭オランダ 図体ずうたい たま ふさ ほか おびただ うち すくな しり 怪訝けげん こら うら 憂鬱ゆううつ 戦慄せんりつ おお つか 日向ひなた うま くら 晦冥かいめい 楚々そそ 榛名はるな 樹間このま 樺太からふと 浴衣ゆかた 湘南しょうなん 滑稽こっけい 炸裂さくれつ はげ 無暗むやみ きつね 狼罠おおかみわな 獰猛どうもう 珈琲コーヒー 瑞西スイス 生易なまやさ 痼疾こしつ 癇癪かんしゃく 真似まね 祖母ばあ すく すが ののし ふけ はら