“件”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くだん76.7%
くだり10.2%
けん5.1%
くだ4.5%
こと1.9%
かど0.6%
クダリ0.6%
ともな0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古井戸は、先住ものにふことありて其處しくなりぬとぞ。ちたる犇々としていなるのおもしをいたり。
森の紫陽花 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
右の船戸の神より下、邊津甲斐辨羅の神より前、十二神は、身にけたる物を脱ぎうてたまひしに因りて、りませる神なり。
宗助にも御米にもけないなので、二人ともがあつての訪問だらうとしたが、して小六するであつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
その当時、わたしは十三、四歳であったが、一編の眼目とする牡丹燈籠の怪談のりを読んでも、さのみに怖いとも感じなかった。
寄席と芝居と (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
お秀の事はさて置いてと、このを通信して明日の新聞に間に合うように直ぐ(じゃむこう)を走らせよう。深川夫人と名を載せます。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
よりグロモフのには、不幸引續いててセルゲイの葬式んだ一週間のグロモフは詐欺と、浪費との裁判され、もなく監獄病院でチブスにつて死亡してつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「九つ梯子」から「あるぞえ、あるぞえ」の耳打ちのに到るまで、はしやぐお軽に属する部分に、皆の見外してゐるお軽の自由性と、穢れない処女性、さう言ふものを見た筈なのである。
學院はして子弟はしむれば、なるが同窓めらる。街西僧院りて心靜かにましむるに、ることなるに、和尚のために狂暴へらる。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)