“十二神”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
オチフルイ66.7%
とをまりふたはしら33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そういう彼と向かい合って、同じような椅子に腰をかけている、三十五、六歳の武士があったが、他ならぬ十二神貝十郎であった。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
十二神貝十郎の邸まで、予定を変えて運んで行くように、と、こう私達に、云いましたので、そこで私達はその通りにしました。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
右の船戸の神より下、邊津甲斐辨羅の神より前、十二神は、身にけたる物を脱ぎうてたまひしに因りて、りませる神なり。