十二神貝十郎手柄話オチフルイかいじゅうろうてがらばなし
ままごと狂女「うん、あの女があれなんだな」 大髻に黒紋付き、袴なしの着流しにした、大兵の武士がこういうように云った。独り言のように云ったのであった。 そこは稲荷堀の往来で、向こうに田沼主殿頭の、宏大の下屋敷が立っていた。 「世上で評判の『ま …
作品に特徴的な語句
ほとり 塵埃ちりぼこり たい かぐ たっし 恐々こわこわ ガウン がき 知人しりあい 手下あいつ おびや 往来みち ぴら 入用いる おのれ 旅舎はたご わたくし よご 情夫まぶ はじ あら 彼方あなた おい 色彩いろど ざま 犠牲にえ おやじ 悪漢わる 以前まえ いや なま 縁辺みより せりふ みん きざし おのれ 尾行 媾曳あいび 博徒あそびにん 危険あぶな 知己しりあい わし 蠱物まにもの おとな さと かた 一所ひとところ 翌朝あくるあさ はず にく 恍惚うっとり たち 自惚うぬぼれ おん 彼奴きゃつ 縮尻しくじ 強請ゆす ゆか 展開ひら ばち いぶか 家内うち かな 薦張こもば 箪笥だんす あか まか わたし 明瞭はっきり 時期とき あたた 交際つきあい 灯火あかり 饒舌じょうぜつ 灯籠どうろう とげ 刺繍ぬいとり うなじ はや 十寸ますみ たぶさ 燈火ともしび あたい 流行はやり わき 難及およびがたく いい 疲労つか 吩咐いいつけ 口吻こうふん