“恣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほしいまま73.7%
ほしいまゝ10.9%
ほしいま5.1%
ほしい4.5%
ホシイママ1.9%
ほしひまゝ1.3%
0.6%
ほしいいまま0.6%
ほしひまま0.6%
ホシイママニ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
て頂をし、もって万一に報ずるを思わず、かえって胸臆にし、に威福をす。死すべきの罪、髪をきて数えがたし。
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
枕元にひゞく上草履の音もなく、自分は全く隔離されたる個人として外縁の上なる長椅子に身をへ、なる空想に耽けることが出来た。
海洋の旅 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
お島は長いあいだの経過を考えて、何の温かみも感ずることのできないまな兄との接触に、失望したように言出した。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
けれどもその一重瞼の中に輝やく瞳子漆黒であった。だから非常によく働らいた。或時は専横と云ってもいいくらいに表情をままにした。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
梁山泊ノ義士 宋江。 大名府、及ビ天下ノ人士ニ告グ 今ヤ、大宋国ニアリテハ濫官ニアリ 汚吏権ニ、良民ヲ
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ウィリアム其人立法羅馬法皇御心ひ、ちにして首領必要ありし英人となり、くは纂奪征服にするにりました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
……その時田沼は感激して、涙を流したということだ。……それだのに私のお父上が、この世を辞してからというものは、千沙汰の限りの態だ。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
て才子は才をせ、妄人にして、空中に楼閣を築き、夢裏に悲喜をき、意設筆綴して、烏有の談をる。或はしくづくところあり、或は全くるところ無し。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
な朗らかさが、調子に溢れてゐた。伝統の鬱陶しさも、まだなかつた。実は、文学の一様式として認められ出した王朝末にすら、既に新味のない固定したものであつた。
宋朝管領梁中書北京ニアリテ、民ヲ毒シ、ヲ用イシテ富財ヲスルコト多年。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)