“糜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
71.4%
ただ14.3%
しら14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
て頂をし、もって万一に報ずるを思わず、かえって胸臆にし、に威福をす。死すべきの罪、髪をきて数えがたし。
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
すると、時計の直しが見つからないで剛腹をかかえ込んだ、れた脂っぽい眼付の男も、同じように樫の木のように固たそうな脛を投げ出して寝転んでいた。
放浪の宿 (新字新仮名) / 里村欣三(著)