“躯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
からだ87.8%
むくろ6.6%
3.3%
1.1%
がら0.6%
たけ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
舅はやや肥えたの大きな人で、血色のいい顔に温和な微笑を湛え、眼をほそめてわたくしを見ながら、ゆっくりと幾たびもいた。
やぶからし (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
丁々坊 ははは、この梟、羽をせ。(戯れながら——熊手にかけて、白拍子の、藁人形、そのほか、釘、獣皮などをう。)
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
怨毒いずれに向かってか吐き尽くすべきを得ずば、自己——千々岩安彦が五尺のまず破れおわらんずる心地せるなり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
国の臣等とに深い哀愁をき、諸共に発願して、三宝に祈念し、一の釈迦如来の像——太子と等身なるを作り、その功徳を以て、御病平癒
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
日本橋辺にいたことのあるおかなは、ぎすない女であったが、東京では立行かなくなって、T——町へ来てからは、体も芸も一層んでいた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
は手も足も肉落ちて、赭黒き皮のみぞ骸骨みたる。低く、禿げて、ばかりのいたる十筋右衛門は、略画るに似たり。も口も鼻も取立ててうべきあらず。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)