“浚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さら89.0%
ざら8.5%
がえ0.5%
さらい0.5%
さらえ0.5%
され0.5%
すくひ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
定さんの茶番や大奴さんのおいが比較的に面白かったのは、平素からその人たちをよく識っているという点から出発しているので
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「はっきり分かれば治るんですって? よし! おれが行って話してやる。はっきりと、何もかも話してやる。洗いい話してやる」
猟奇の街 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
お島め乃公をポチか何かと思って、お膳を投出して、御丁寧に悲鳴を揚げた。馬鹿な奴だ。家中の人が井戸でも始ったように寄ってって来た。茶碗も何も粉微塵になって了った。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
こんないくじのない幾分つきがたようにわれるのは、たしかにあの修行場で一生涯のおをしたおであるとじます。
陸のると、二番位演奏があって、その上で酒飯が出た。料理は必ず青柳から為出した。嘉永四年に渋江氏が本所台所町に移ってからも、この出稽古は継続せられた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「へえ、ありやした。たしかにあった。あれじゃあいくらえてもかからねえはずだて。」
吾助は猶も追廻り進んでは退き退ては進み暫時勝負は見ざりしに忠八は先刻よりりてりしが今吾助が眼の前へ來りし時が向ふしかば流石の吾助も不意を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)