“修行場”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅぎょうば50.0%
しゅぎょうじょう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最初修行場——岩屋での物語ずこのでくぎりをつけまして、これから二の修行場ることにしましょう。
はここがそちの修行場なのじゃ。モー岩屋るにもばぬ。早速内部ってるがよい。も一えてあるから……。
修行場りながら、うやら竜宮界模様しづつりかけたのも、くこの難有神社参拝でございました。
竜神様のおから自分修行場ってると、もう指導役のおさんが、そこでおちになってられました。