“内部”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なか64.7%
ないぶ17.6%
うち10.3%
うちら2.9%
なかみ2.2%
うちわ0.7%
ようす0.7%
インテリオル0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の戸をあけてそっと内部にはいると、見かけは鈍重そうな氷原の豹どもも、たちまち牙をきだし、野獣の本性をあらわしてくる。
人外魔境:08 遊魂境 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
大動搖めた。たいからである。けれども密閉せられてある岩窟内部には、惡瓦斯發生してるに相違ない。
とたんに、紙帳の裾がり、内部からうように斬り上げた刀が、廊下にころがったままで燃えている、燭台の燈に一瞬間輝いた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
脚が微かにふるえて、一人の力では押え切れぬくらいの力で動こうとした。足の指は、皆内部へ曲って、苦痛をこらえていた。眉も、眼も、脣も、頬も、苦しそうに歪んで来た。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
兎も角も其丈は丁寧に内部を開けて見て、それから蓮太郎の著したものは無造作に一方へ積重ねた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
このごろ、あなたがにあたっておでないという事が、新婦人協会の内部もめをおこしたというのを聞き、今更と思う思いがいたしました。
平塚明子(らいてう) (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
……私はそれから裏口の梔子の蔭にを敷きまして、煙管えながら先刻蒸籠い残りをくっておりましたが、そこから梔子の枝越しに、離家の座敷の内部真正面に見えますので
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)