平塚明子(らいてう)ひらつかあきこ(らいちょう)
らいてうさま、 このほどお体は如何で御座いますか。爽やかな朝風に吹かれるといかにもすがすがしくて、今日こそ、何もかもしてしまおうと、日頃のおこたりを責められながら、私は、貧乏な財袋よりもなお乏しい頭の濫費をしつつ無為な日を送っております。 …
作品に特徴的な語句
もの ホワイト 健康からだ 内部うちわ かま かき いで なつか もえ さげ はず 如何いかが はり そよ そば あり しょう こと つい 京童きょうわらんべ しろ かり 団欒まどい 欲求おのぞみ 炬火きょか よみが くり うらやま たけ 世波よなみ 今様いまよう 伴侶はんりょ 伸々のびのび 住居すまい 侮蔑ぶべつ 俎板まないた そば 僅少きんしょう 億劫おっくう 初声うぶごえ 刺戟しげき まえ 叔父おじ 只今ただいま あじわ 喜捨きしゃ あざけ とら つぼ 夜鳥よどり 天平てんぴょう 奥州おうしゅう 嫉妬しっと 容喙ようかい 常盤ときわ 得々とくとく 悠々ゆうゆう なさけ 憎悪ぞうお はばか 懶惰らんだ 揶揄やゆ 擾頭たいとう 敷島しきしま あらた 昔者むかしもの 月明つきあかり 栗毬いが 桎梏しっこく 標榜ひょうぼう おり から 洒脱しゃだつ 焼尽やきつく 煤烟ばいえん じい さわ 玉藻たまも 田端たばた 田舎いなか まと 目路めじ ひとみ くぼ かて 素人しろうと 細流せせらぎ うらや ふと 蒼白あおじろ