“糧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かて96.5%
りょう1.7%
くさ0.6%
0.6%
りやう0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
者は商家に嫁ぎ、ある者は良人に従って海を越えた遠い国へ移住し、は又くその日を送るだけのを得る為に営々と働いていた。
秘められたる挿話 (新字新仮名) / 松本泰(著)
彼は計画どおり三カ月のを蓄えて上京したけれども、坐してこれを食らう男ではなかった。
非凡なる凡人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
馬にはを飼い、兵は朝の兵站しない。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
の衆は、空を見ながら、馬にを喰い込ませていた。そこここの侍部屋でも、旅装に忙しい。晴雨にかかわらずあすは岐阜へ下向と、今し方、信長の側近から達しがあった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
然らずして、に聞見をるのみならば、則ち或はじ非をらんことを恐る。謂はゆるに兵をし、するなり、る可し。