“りょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:リョウ
語句割合
12.6%
10.1%
9.4%
8.7%
7.6%
6.1%
5.1%
5.1%
3.6%
3.2%
3.2%
2.5%
2.5%
2.2%
2.2%
料理2.2%
1.8%
1.8%
1.4%
1.4%
1.1%
1.1%
1.1%
0.7%
0.7%
0.7%
0.4%
0.4%
漁猟0.4%
狩猟0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なに、仕事ぐらいんでも、金色ったら千になるんだ。そうすれば、一なにもせんでらしてゆけるから。」
金の魚 (新字新仮名) / 小川未明(著)
しかしただ心配なのは食料の欠乏である、雪が吹きすさんでに出ることもできないので、用意の食料は日に日にへる一方である。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
「腑甲斐ねえ奴等だな! こんな稚児ッ小僧ひとりを持てあまして何とするかッ。どけどけ。仕方がねえから俺がってやらあ!」
だが、十の客車を牽引して、相当のスピードを持った、その上、下り坂にある列車は、そう、ぴたんと止まるわけはなかった。
鉄路 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
けれども僕はしばしば言いしとおり、僕の同僚たる凡人に対して話をするのであるから、よろしく非凡の人々はとしてもらいたい。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
拝啓学位辞退の儀は既に発令後の申出にかかる小生の希望通り取計らいかぬるの御返事をし、再応の御答を致します。
博士問題の成行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しかし暗夜は暗夜の徳あって、孟子のいわゆる「夜気」は暗黒のである。の学者の言に、「好悪夜気す」と。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
それで、漁師は、時分はからって、このってはをします。れるときにはくほど、れることもありました。
幽霊船 (新字新仮名) / 小川未明(著)
為永中本にあるというような塩梅で、美男であり風雅である眉山の住居には持って来いであった。が、その頃から眉山は段々と陰気臭く詩人臭くなった。
こは、軍師には、怪しからんことをいわれる。何故、この張飛を軽んじ給うか。馬超匹夫、何ほどのことかあらん。むかし長坂橋に百万の曹軍を
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
早池峰の西どなりの群青の山のが一つんだ白雲に浮き出した。薬師岳だ。雲のために知らなかった薬師岳の稜を見るのだ。
山地の稜 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
は、この妻の父大臣のお蔭で立身した者であるから、平常も夫人にはとんと頭が上がらない。唯々として、立って喚鐘を打ち鳴らした。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜に入ると流石に猛威をふるった炎暑も次第にうすらぎ、帝都の人々は、ただもうグッタリとしてを求め、睡眠をむさぼった。
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)
しかしてこの問題の起こると同時に起こる疑問は、そもそも一人前というはいかなるを指すかということである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
同じようなのが二枚出来たところで、味噌の方を腹合せにしてちょっと紙にんで、それでもう事はした。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
その筍を料理っての喰べかた、何々といろいろにお上品なのもありはするが、無雑作でどこまでも江戸ッ児の口にあうは、まず飯に炊いたものである。
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
を渡る時、蛟竜船を追う、舟中の人皆る、天を仰いで、嘆じてく、我を天にく、力を尽して、万民を労す、生は寄なり、死は帰なりと、を見る事、蜿蜓の如く、眼色変ぜず
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
よしこれからはもう少し下品になってやろう。とくだらぬ事を考えながら柳町の橋の上まで来ると、水道橋の方から一の人力車が勇ましく白山の方へけ抜ける。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いわゆる支那北部の旧族、いわゆる支那の歴史あって以来周狄の後に匈奴となり、それから種々の変遷を経て、またとなり、ついに愛新覚羅氏が起った。
東亜の平和を論ず (新字新仮名) / 大隈重信(著)
司馬遷のために弁じて罪をえたことを伝える者があった。李陵は別にありがたいとも気の毒だとも思わなかった。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
前主のとするところこれがとなり、後主の是とするところこれがとなる。当時の君主の意のほかになんの法があろうぞと。群臣皆この廷尉の類であった。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
たりたり。独立して改めず。周行してからず。もって天下の母となすべし。その名を知らず。これをして道という。いてこれが名をなして大という。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
しかし、げにもこれはおかしな奇現象で、官はわざわざ、この賊巣へ遠くから、武器、武人、を送って、そのりをいよいよ誇らすような結果をみてしまったわけである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
赤坂の万竜は、壱万で、万両の名を高くしてさえいる。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
現に延喜御門御代には、五条あたりの柿の梢に、七日の間天狗が御仏の形となって、白毫光を放ったとある。また仏眼寺仁照阿闍梨を日毎にじに参ったのも、姿は女と見えたが実は天狗じゃ。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
のように、その相手に勝つことを忘れることが出来ないのである。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何分にも残暑がひどいので、向島の水神に出かけてれていると、池の中で何かしきりに跳ねている。
地震なまず (新字新仮名) / 武者金吉(著)
滎陽郡にという一家があって、代々一種の蠱術をおこなって財産を作りあげた。ある時その家に嫁を貰ったが、蠱術のことをいえば怖れ嫌うであろうと思って、その秘密を洩らさなかった。
しかし千住から吾妻橋、厩橋、両国から大橋、永代と下って行くと仮定すると、随分夜中に川へ出て漁猟をして居る人が沢山ある。
夜の隅田川 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それは忘れもしない——かつて領下の田を、狩猟に出たに見廻ってくる途中で、松並木に、念仏の名号をかけて、村民たちに説教をしていた配所の流人僧である。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
楽長のは斉に去った。亜飯に去った。三飯のに去った。四飯のに去った。鼓師方叔は河内に逃げた。鼓師は漢に逃げた。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)