省線電車の射撃手しょうせんでんしゃのしゃげきしゅ
帝都二百万の市民の心臓を、一瞬にして掴んでしまったという評判のある、この「射撃手」事件が、突如として新聞の三面記事の王座にのぼった其の日のこと、東京××新聞の若手記者風間八十児君が、此の事件に関係あり …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 敵愾心てきがいしん 一喝いっかつ 合槌あいづち 美事みごと 本郷ほんごう 訊問じんもん 炯眼けいがん 言下げんか 窓硝子まどガラス 屍体したい 跳梁ちょうりょう 廃頽はいたい 窮屈きゅうくつ 縷々るる ねぎら 小暗こぐら 口唇くちびる 甲斐甲斐かいがい 騒々そうぞう 探索たんさく しおり 陥穽かんせい はこ 突如とつじょ 愛娘まなむすめ 曝露ばくろ 無惨むざん 隣室りんしつ 大江山おおえやま 滅茶滅茶めちゃめちゃ 僅々きんきん 匹敵ひってき 毛頭もうとう 涼風りょうふう 横丁よこちょう 徽章きしょう 現場げんじょう 大磯おおいそ 驀地まっしぐら 喚起かんき 新宿しんじゅく 皮肉ひにく 目星めぼし 真只中まっただなか 一葉いちよう 動静どうせい 勤勉きんべん 鉄格子てつごうし 傷口きずぐち 夜気やき 御存知ごぞんじ 霊魂れいこん 鶯谷うぐいすだに 果然かぜん 発端ほったん 唯々ただただ あきた じゅん すべ 一挺いっちょう 情婦じょうふ 挿入そうにゅう 極力きょくりょく 血潮ちしお 形跡けいせき 聞書ききがき 丁重ていちょう 嫌気いやけ 箇所かしょ 水溜みずたまり 周到しゅうとう 外郭がいかく 泥沼どろぬま 悪漢ギャング 本道ほんどう 机上きじょう 鮮血せんけつ 半頃なかごろ 渋面じゅうめん 衝動しょうどう 鈍間とんま 陳述ちんじゅつ 桃割ももわ 銃丸じゅうがん 裏書うらが 警笛けいてき 窓外そうがい 口実こうじつ 衆人しゅうじん 上背うわぜい 小机こづくえ 欝蒼うっそう 死顔しにがお 身辺しんぺん 那辺なへん 定規じょうぎ 墜落ついらく 寸法ディメンション 即死そくし