省線電車の射撃手しょうせんでんしゃのしゃげきしゅ
帝都二百万の市民の心臓を、一瞬にして掴んでしまったという評判のある、この「射撃手」事件が、突如として新聞の三面記事の王座にのぼった其の日のこと、東京××新聞の若手記者風間八十児君が、此の事件に関係ありと唯今目をつけている五人の人物を歴訪して …
作品に特徴的な語句
はさま せい まじわ 悪漢ギャング かこま しょう かたわ すべ だま 係合かかわりあい いず かたわ 情婦じょうふ とおり 寸法ディメンション さま りょう はず おく 涼風りょうふう おやじ 標章ひょうしょう きわ 玩具がんぐ 桃割ももわ はし 低声ていせい 何喰なにくわ 真逆まっさかさま よじ あらわ 先刻せんこく かか 打転うちころが 陸橋りっきょう 応答いらえ かえ とお ころが たく 小暗こぐら 小布こぬの 唯々ただただ もとづ 一宮いちみや 溝跡みぞあと 水溜みずたまり 燈火ともしび よう たば なま 本道ほんどう 暗闇やみ 相半あいなか つかま はさ 突如とつじょ ぬぐ うけたまわ 米国べいこく 紙片しへん はじ おう ちょう 弾丸だんがん うなず ゆか 市場しじょう 小机こづくえ 小扉こドア 衆人しゅうじん 裏書うらが 襟下えりした ごえ 言下げんか たず 噴飯ふんぱん 鈍間とんま 鍵裂かぎさけ キー 銃創じゅうそう 銃丸たま にわ