“襟下”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えりもと66.7%
えりした33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“襟下”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
宛然さながら襟下えりもとから冷水ひやみづびせられたやうにかんじた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
さながら襟下えりもとから冷水ひやみずびせられたようにかんじた。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
それは丁度ちょうどシャツの襟下えりしたに縫いつけてある製造者の商標しょうひょうに似て、大きさは三センチ四方の青い小布で、中央に白い十字架を浮かし、その十字架の上に重ねて赤い糸で、横向きの髑髏どくろの縫いがあった。
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)