六号室ろくごうしつ
町立病院の庭の内、牛蒡、蕁草、野麻などの簇り茂ってる辺に、小やかなる別室の一棟がある。屋根のブリキ板は錆びて、烟突は半破れ、玄関の階段は紛堊が剥がれて、朽ちて、雑草さえのびのびと。正面は本院に向い、後方は茫広とした野良に臨んで、釘を立てた鼠 …
作品に特徴的な語句
退 しゃべ ほっ いお せい ちぢめ 徐々のろのろ くいしば にっ いぶり さっ もと こっぷ しきり 悉皆のこらず 所有もっ いつ 始終ふだん 敏捷てきぱき うずま きわみ あじお くわ はん あわれめ つい 恐怖おそる いなや どお きわま おわり 大食たいしょく てら 狭隘せまい 狼狽まごまご 徘徊うろうろ 種々しゅじゅ だし おそろし ぺん もっと 醜女みにくいおんな よも 頭上かしらのうえ 怖々おどおど おわ うま 訪問たず いい 通常つうじょう こぼ 熟視みい いえ かか したた ほのか おお おろ 日中にちじゅう しょう あつか あた ささ とどま さきだ きまり 医者ヴラーチ じき 真実まったく 状態ざま ごん かわ あく しゅく 明瞭あきらか かど 市中まち 冷水れいすい くるしみ 志望しぼう いれ ねがわ ふるえ 思慮かんが いささか かがやき はずか めいめい すべて 囂々がやがや
題名が同じ作品
六号室 (旧字旧仮名)アントン・チェーホフ (著)