六号室ろくごうしつ
町立病院の庭の内、牛蒡、蕁草、野麻などの簇り茂ってる辺に、小やかなる別室の一棟がある。屋根のブリキ板は錆びて、烟突は半破れ、玄関の階段は紛堊が剥がれて、朽ちて、雑草さえのびのびと。正面は本院に向い、後 …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 緻密ちみつ 近頃ちかごろ 覚悟かくご 断乎だんこ 始末しまつ 鵜呑うのみ 嘆息たんそく 耳許みみもと 野良のら 度毎たびごと 近寄ちかよ 布団ふとん 山羊やぎ 冷汗ひやあせ 戦争せんそう 人非人ひとでなし 熱心ねっしん 手足てあし 繰返くりかえ 途絶とだ 成行なりゆき 有耶無耶うやむや 大騒おおさわぎ 路次ろじ 見渡みわた そり 建物たてもの 半年はんとし 呼鈴よびりん 牛蒡ごぼう 面倒めんどう 場合ばあい 含蓄がんちく 咳払せきばら 仏頂面ぶっちょうづら 口笛くちぶえ むし 紙屑かみくず 額縁がくぶち 詮方せんかた 貴君あなた 世話せわ 脳裡のうり 人物じんぶつ 疼痛とうつう 寒気さむけ くすり 親切しんせつ 陋劣ろうれつ 片手かたて 堅固けんご 情誼じょうぎ 椋鳥むくどり 乱暴らんぼう 片田舎かたいなか 友誼ゆうぎ 御存ごぞん 放逐ほうちく きん あさ 立塞たちふさが 真平まっぴら 正気しょうき 苦痛くつう 途切とぎ 現今げんこん 様子ようす 処刑しょけい 苛酷かこく 香炉こうろ 心得こころえ 起臥きが 退屈たいくつ 仕置しおき 太息といき 書付かきつけ 死人しにん 生甲斐いきがい くるぶし 有様ありさま いなづま 綜合そうごう 或時あるとき こよみ 緑色みどりいろ えび 長靴ながぐつ 隠居いんきょ 足音あしおと 手紙てがみ 折々おりおり 二個ふたつ 文句もんく 用事ようじ 気取きどり 不都合ふつごう
題名が同じ作品
六号室 (旧字旧仮名)アントン・チェーホフ (著)