“徘徊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はいかい74.9%
はいくわい11.2%
うろつ3.7%
さまよ2.7%
たもとほ1.6%
もとほり1.1%
たもと0.5%
うろうろ0.5%
うろ/\0.5%
たちまわ0.5%
たもとお0.5%
まごつ0.5%
もとほ0.5%
ゆきめぐ0.5%
ハイカイ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次第に日はかたむいて、寺院のあたりを徘徊する人の遠い足音はいよいよれになってきた。美しい音色の鐘が夕べの祈祷を告げた。
徘徊り/\て和歌山の平野村と云へる所にりける此平野村に當山派修驗感應院といふ山伏ありしが此人甚だ世話好にて嘉傳次を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『早くつて寢るた。恁麽時何處ウ徘徊くだべえ。天理樣拜んで赤痢神が取附かねえだら、ハア、何で醫者藥がるものかよ。』
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
坂道を下りつくし、町のに出て小路の中に姿を没したと見えたが、その後は、どこをどうして徘徊うているか消息が分らない。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
楸楡颯々蓬艾蕭々として夕月の光り薄く西風の音の淋しかりしまゝ、勝れて艶なる此花を見る/\徘徊りて想ひやりたることありき。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
あふさきるさの徘徊に、身の鬱憂を紛れむと
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
子供一人菓子も投げねば長き鼻をダラリブラリと象徘徊ほる
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
半年無職徘徊してただパンと、とで生命いでいたのであるが、その裁判所警吏となり、にこのするまでは、ここにっていたのであった。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
半年無職徘徊してパンと、とで生命いでゐたのであるが、其後裁判所警吏となり、するまでは、つてゐたのであつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「弓掛の部落の仲間内に謀反人があるということをチラリと耳に挟んだので、吟味所あたりをそんな野郎が徘徊っていないでもないと、それを案じてやって来たのさ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ある時は綾瀬の橋のより雲はるかに遠く眺めやりしの秩父嶺の翠色深きが中に、明日明後日はこの身の行き徘徊りて、この心の欲しきまま林谷にるべしと思えば
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
の下を住家として魂が何時の間にか有頂天外へ宿替をすれば、静かには坐ッてもいられず、ウロウロ座舗を徘徊いて、舌を吐たり肩をめたり思い出し笑いをしたり
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「いきどほり」は怒りて發する能はず、氣の屯蹇して徘徊りて已まざる「いきもとほり」の約ででも有らう。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
◯なお一例として三十八章末尾の鴉の記事を見るに「また鴉の子神に向いてわり食物なくして徘徊る時鴉にを与うる者は誰ぞや」
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
本庁の方へは深更に及んでも「痣蟹ノ屍体ハ依然トシテ見当ラズ、マタ管下ニ痣蟹ラシキ人物ノ徘徊セルヲ発見セズ」
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)