“うろうろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
彷徨22.2%
胡乱々々22.2%
迂路々々16.7%
亡羊5.6%
徘徊5.6%
漂行5.6%
烏路烏路5.6%
胡乱胡乱5.6%
胡亂胡亂5.6%
蹌踉蹌踉5.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
来るといつても、先づ門口へ来て一寸々々ちよいちよい内を覗きながら彷徨うろうろしてゐるので、母に声を懸けられて初めて入つて来る。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
唯相手のない恋で、相手を失って彷徨うろうろしている恋で、其本体は矢張やッぱり満足を求めて得ぬ性慾だ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
何の真似やら、おなじような、あたまから羽織をひっかぶった若いしゅが、溝を伝うて、二人、三人、胡乱々々うろうろする。
みさごの鮨 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「強いて信じたくないとは願わんのです、紳士のために。なぜ、そんなら貴下は、その新聞包みを棄つるに際して、きょろきょろ四辺あたりみまわしたり、胡乱々々うろうろ往来ゆききをしたんじゃね。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「僕、」と応じはしたけれども、急に顔を上げたので誰に返事をするのであるか、自分にも分らないで迂路々々うろうろするのを柳沢は気軽に引取って、
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
磯は少時しばら此店ここの前を迂路々々うろうろしていたが急に店の軒下に積である炭俵の一個ひとつをひょいと肩に乗て直ぐ横の田甫道たんぼみちそれて了った。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
が、其お隣の反比例から又亡羊うろうろし出して、按分比例で途方に暮れ、開平開立かいりゅう求積となると、何が何だか無茶苦茶になって、詰り算術の長の道中を浮の空で通して了ったが、代数も矢張やっぱり其通り。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
かれ半年はんとし無職むしょく徘徊うろうろしてただパンと、みずとで生命いのちつないでいたのであるが、その裁判所さいばんしょ警吏けいりとなり、やまいもっのちにこのしょくするまでは、ここにつとめっていたのであった。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
そう言えばそうさ。だからお前さんさえ開閉あけたてを厳重に仕ておくれならア安心だが、お前さんも知ってるだろう此里ここはコソコソ泥棒や屑屋くずやの悪いやつ漂行うろうろするから油断も間際すきもなりや仕ない。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
夜中に大地震があって喫驚した。宿の女房が裸体で烏路烏路うろうろして居た。
「幸か不幸かそのお方は船を盗むことが出来ませんでした。で城内を胡乱胡乱うろうろした末地下の部屋へ紛れ込んだそうで。そこで何か恐ろしいものでも、ご覧になったのでございましょうよ」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
子心こごヽろにも義理ぎりかれてかなかちて胡亂胡亂うろうろするを、さとしいろ/\にたのみて此度このたびふうぶみ
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「や、」と横飛びにどたりと踏んだが、その跫音あしおとを忍びたそうに、腰を浮かせて、同一おなじ処を蹌踉蹌踉うろうろする。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)