“封”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふう55.9%
ほう32.3%
ぷう3.2%
とざ2.2%
かた1.1%
かため1.1%
1.1%
ふさ1.1%
みくじ1.1%
フウ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まごころをこめておいのりしてくれたおかげで、じがとけて、このとおりりっぱなわかものの姿に、かわることができたのです。
たにしの出世 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
いや、司馬懿は自らを請うて西涼州へ着任しました。明らかに、彼の心には、魏の中央から身を避けたいものがあるのでしょう。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見る行燈の上に書置の事と記したる一ありて然も之れ娘お光の手跡なれば一目見るより大きに驚き直に飛起封じ目を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
山国のこの寂れた町に涼気が立って来るにつれて、西北にえている山の姿が、薄墨色の雲にされているような日が続きがちであった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
辛未、皇太子、使をして飢者を視しむ。使者り来て曰く、飢者既にりぬ。に皇太子を悲しみ、則ちりて以て当処めしむ。む。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
是にいて、使者還り来て曰く、墓所に到りて視れば、めるところ動かず。ち開きて屍骨を見れば、既にしくなりたり。衣物畳みての上に置けり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
やみをめたる穴にして
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
「茂吉の様子はだんだん変になる。あんなに気が弱くちゃ、いつ自首して出るかも判らないので、三次は大金を強請った上、その口をぐ気になったのだろう——」
易者に見てもらっても、生駒の聖天さんにお参りしても少しもよいが出ない。稲荷さんに頼んでも駄目である。株は毎日下るばかりで家賃さえよう払わない店がたくさん出来た。
空中征服 (新字新仮名) / 賀川豊彦(著)
見ると、器の上には、「曹操ラ之ヲス」という紙がかけてある。あとで開いてみると、器の中には何も入っていなかった。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)